知らない土地に旅行などで行くと、その土地に昔からある伝統や歴史の他に、誰もが喜ぶ”食の名物”があります。
自分の土地を離れて初めて自分の地域の名物を知る人もいるかもしれません。
久喜市だけでも沢山の”食の名物”があり、その一つ一つに伝統と歴史がいっぱい詰まっています。

まず久喜市がいちおししているのが、「久喜クッキー」です。
ネーミングはシンプルですが、口に出して読むとリズミカルでインパクトがあります。
味はココナッツ、アーモンドバニラ、アーモンドチョコ、ごま、レーズンの五種類あります。

久喜市の伝統提灯祭りの「天王様」にちなんで提灯サブレも販売されています。
この二つは会社の人や友人にあげるとユニークで喜ばれると思います。
1枚105円で、箱売りは1155円で購入することができます。

他には久喜という純米吟醸の日本酒があります。
1.8リットルで3,150円というお手ごろなお値段で飲むことができます。
お酒にちなんでお米も有名です。
こしひかりを作っており、それもあって草加せんべいも有名です。

まだまだ久喜は食を楽しませてくれます。
蕎麦やつむぎうどんの麺類も有名で、つむぎうどんはお餅のような食感を楽しむことができるようです。
けいわ味噌や菖蒲(しょうぶ)味噌などの味噌も名物として知られています。

どれも昔ながらの名物なので、伝統を味わえる名物ばかりです。
ぜひ久喜へ行かれた際はおいしいものを沢山食べて、おいしい思い出も作ってきて下さい。